in 脱毛

エステでのvio脱毛は意味がないって本当?

女性が自分でアンダーヘアの手入れをして、下着や水着からはみ出さないようにするという努力は、昔から行なわれてきました。後のブラジリアンワックスを経て、今日ではvio脱毛と称してエステティックサロンや医療系美容クリニックでの施術が行なわれています。費用は決して安いとは言えませんが、vioのメニューには付加価値も高く、施術を受けたユーザーが非常に高い満足度を示していることは、美容業者各社のウェブサイトのユーザーの声のページ、あるいは個人がブログなどで好意的な感想を発信していることからもよく理解できます。

本稿ではvio脱毛を、エステティックサロンか医療系美容クリニックで行なうものします。エステティックサロンと医療系美容クリニックとの間では若干の違いがあります。前者は光方式、後者ではレーザー方式と呼ばれる技術で施術が行なわれています。ところで前者での脱毛では効果が薄いのではという認識が一部にあるようですが、両者の間に違いがあるのは事実としても、これは誤解に基づく認識といえるでしょう。

前者において用いられている光方式は、レーザーによって行なわれる方式に比べ、出力が弱いのは事実です。その結果、メニューが完全に終了するまでの施術回数が多くなるという傾向は確かにあります。施術と施術の間には2〜3か月をおくのが普通ですから、否応でも長期化します。施術回数が増えるということは一回あたりの施術の単価に乗じた場合、トータルのコストが高くなるという問題もあります。またさらに光方式では、何年も経過してから再び起きてくる発毛までの期間が、レーザー方式に比べて短い可能性があるとも指摘されています。

ただしレーザー方式の場合は光方式に比べ痛みがやや強いという問題があります。いずれにしても一長一短ですので、vio脱毛に際しては無料クリニックを有効利用するなどをして事前に疑問点を解決しておくのが良好です。
vio脱毛サロン調査団│おすすめのやり方や理想の形を徹底調査!はこちら